波瀾の高知旅 その7 (浮鞭の白兎)

11月13日 木曜日
今日の徳島県南は、やや雲が多いものの概ね晴れのお天気でしたが、気圧の谷と上空に流れ込んだ寒気の影響で、朝の最低気温は美波町 9.7度、海陽町 7.5度と、前日からは4度程度気温が下がり、寒い朝となりました。
徳島県の最高峰・剣山(西日本第2の高峰・標高 1955m)では、今朝初雪と初冠雪を観測したそうです。
夜になって風が吹き始め寒さが増してきた徳島県南。 冬型の気圧配置が続き、明日はさらに冷え込む予報です。
今日は、11月13日は「いい(11)ひざ(13)」の語呂合せから、「いいひざの日」  
寒さが膝痛に堪える、辛い季節となってきました・・・ 。。゛(ノ><)ノ ヒィ


さて、先月の高知遠征ビーチコーミング旅。
月曜日(10日)に放送されたNHK総合テレビの「プロフェッショナル 仕事の流儀」ご覧になったでしょうか?
この10年で4度の水揚げ日本一に輝く、カツオ一本釣り漁船・第83佐賀明神丸の漁労長、明神 学武さんの特集でした。
故郷を離れ、カツオを追いかけて年間300日も漁をするカツオ漁船。 カツオのたたきは大好きですが、カツオ一本釣り漁船が、どのような漁をしているのか興味があったのですごく面白かったです。
(見逃した方は、11月14日(金)午前0時40分~午前1時28分 NHK総合で再放送されます ) 
(放送は終わりました。)
a0125598_21013475.jpg
で、その第83佐賀明神丸の母港がある黒潮町土佐佐賀をあとにして、パンクしたタイヤの修理をするために四万十市方面へと向かいます。

四万十市へと向かう道中、左側に見えてくる広大な砂浜が浮鞭海岸(1,040ⅿ)。
いつもは必ず歩く渚ですが、今は早くパンク修理をしないと落ち着かないので、今年はパスしよう!
・・・と思ったけれど、でもまだ9時過ぎだし、タイヤショップが開くのは、10時をまわってからかもしれないので、少しだけ渚の様子を見てこようかなと、車を止めて砂浜に降りてみました。(^^;)
a0125598_21215616.jpg
先日の台風19号のものと思われる漂着帯を見ると、
a0125598_21243972.jpg
徳島県南のウニ浜や高知東岸の佐喜浜の渚のように、浮鞭海岸にも牡蠣養殖で使われているパイプが大量に漂着していました。
a0125598_21345414.jpg
こういうのを見ちゃうと、ダメですねぇ・・・ てか、渚へと降りた時点でもうスイッチが入っちゃって、結局この牡蠣パイプを追いかけて浮鞭海岸を端から端まで歩いてしまいました。(笑)

結局、いつもと同じように何も収穫はなかったのですが、こんな面白いものを見つけましたよ
a0125598_21395171.jpg
6cmくらいの小さなキュウリのフィギュア!
フィギュアというか、これって「精霊馬」ですよね。
昨日のオーナメントの記事じゃなけど、最近は精霊馬も生のキュウリじゃなくて、プラ製のものがあるんですね。

そんなプラ胡瓜精霊馬の近くには、エボシガイをたくさんつけたこんな☟動物が
a0125598_21482677.jpg
可愛らしい浮鞭の白兎-♪  
連れて帰ってきたと思ったのに、なぜか見当たらない・・・ (;゜◆゜)σ σ(゜◆゜;)


 ー 追記 ー (11月14日)
上記のプラ製のキュウリの精霊馬ですが、改めて調べてみたところ
このキュウリの精霊馬は、カメ〇マローソク社が販売している「故人の好物シリーズ」の精霊馬ローソクだと判明しました。(^^;)

a0125598_18243478.jpg

[PR]

by taibeach | 2014-11-13 21:56 | 高知県  

<< 頑張れ、グンバイ! 渚のクーゲル >>