人気ブログランキング |

波瀾の高知旅 その11(NEWブルー紡錘)

昨日は睡魔に襲われて、話を途中で切り上げてしまいましたが、昨日の漂着ブルー紡錘浮きの続きです・・・(^^;)

高知ビーチコーミング旅、初日に訪れたオーキの浜。
a0125598_19011028.jpg
先日のブログでも紹介しましたが、今シーズン私のフィールドの渚では、「材質の違うもの①」「同②」やら、「濃い色のもの」などニューフェイスのブルー紡錘浮きが漂着しましたが、ここオーキの浜にも初めて目にする、こんな☟ブルー紡錘浮きが流れ着いていました。
a0125598_19344421.jpg
陽刻を見るとお馴染みの『浙⚓江』ブランドですが、従来の浙⚓江浮きと比べてみると、色合いが全然違うのがお分かりになると思います。
a0125598_20112296.jpg
この色合いの違いは、使用している材質の違い。
この浮きの材質も、PE(ポリエチレン)でしょうか?
ベトナムキャンディー浮きのような、柔らかな粘りのあるプラスチックです。
a0125598_20113530.jpg
従来の浙⚓江浮きの陽刻は『临(臨)海市 桃渚渔(漁)具厂(廠)』ですが、今回の浮きの陽刻は、『台州市一帆渔(漁)具厂(廠)』でした。 「台州市」ってどこなのでしょうね?
a0125598_20491942.jpg
この新ブルー紡錘浮きのサイズは、長さ128.1mm、厚み33.4mm/31.0mm、重さは、27.0グラムでした。 ※参考(従来の浙江ブルー紡錘浮き : 長さ130.6mm、厚み33.1mm/32.5mm、重さは、38.3グラム)

このブルー紡錘浮き、よく見るとバリが残っていて☟仕上げが甘い感じ・・・ こういうのを見ると、品質的にはどうなのかなと思ってしまいますね。
水深のある所で使用する浮きなので、網が引っかかってなくしてしまうことも多いのでしょう。 材質が変わってきているのも、安価な使い捨てのものに切り替えているのかもしれません。
a0125598_21054690.jpg
これからは四国南岸の渚でも、この手のブルー紡錘浮きの漂着数が増えるかもしれませんね。

by taibeach | 2014-12-11 21:21 | 高知 東海岸  

<< 今日はブログ休みます。 波瀾の高知旅 その10(ブルー紡錘) >>