クラゲの骨で遊ぶ

7月11日 土曜日
今朝の徳島県南は、まるで朝靄に煙る高原の朝の様でした。
出勤する時には、降水量の記録に残るかどうか分からない程の霧雨が降っていましたが、その後は昨日の天気予報通りの曇り空
夕方には天気も回復傾向で、青空の見える所もあったみたいですが、私は家に帰るまで太陽を見ることができませんでした・・・

南風に乗って渚に漂着する青いクラゲたち
a0125598_20145815.jpg
                ☟【 ブルー紡錘浮きとギンカクラゲの骨格 】
a0125598_20152750.jpg
危険な青色のポリプの部分がとれ、残った骨格の部分なら触っても安全。
a0125598_20190834.jpg
それでも、「カツオノエボシ ☟」だけは、絶対に素手で触らないでね!
a0125598_20255561.jpg
そんな鰹の「烏帽子」と「冠」を、漂着浮きに被らせて遊びます。 【カツオノカンムリ】☟
a0125598_20291246.jpg
そのうち、本物の鰹に被らせてみたいですね。 ワクゥO(゚▽゚o)(o゚▽゚)oワクゥ♪


骨格だけになってしまった青クラゲたち
透き通った透明ビニールのような骨は、触ってもそんなに臭いは気になりませんが、腐りかけたポリプが少しでも残っていようものなら、臭くってたまりません。 ご注意ください!
a0125598_20453920.jpg
デカさにつられて拾い上げたら、えらい目にあってしまいました・・・ 。。゛(ノ><)ノ ヒィ

[PR]

by taibeach | 2015-07-11 20:50 | 海の生き物  

<< 閑古鳥 ヒオウギ? ヒメオウギ? >>