人気ブログランキング |

砂の陶片

7月25日 土曜日
日付が変わっちゃったので、昨日訪れた徳島市の小松海岸
a0125598_00041804.jpg
台風11号の影響で、何か面白いものは漂着していないかと歩きます。
が・・・ 歩けど歩けど大量に漂着した葦や流木やゴミばかりで、南国ものはもちろん、ブルー紡錘浮きさえも見つかりませんでしたが、こんなお茶碗☟の欠片が、たくさん打ち上げられていましたよ。(^^;)
a0125598_00364600.jpg
一見、砂で作られている底の抜けたお椀のようなもの。
これは、ツメタガイの仲間が卵と砂とを分泌物で固めて作った卵囊で、「スナヂャワン (砂茶碗)」(英名は、sand collar)と呼ばれているものなのです。 面白い形だね!(^^)
a0125598_00480686.jpg

さて、そんな漂着帯を歩いていて見つけたのが、コレ☟
a0125598_00170957.jpg
どうやら徳利の首の部分のようです。
この後、徳島県立博物館のT館長さんに見て頂いたところ、鳴門の大谷焼の徳利ではないかと教えて頂きました。

大谷焼の貧乏徳利と言えば・・・と、ブログの過去記事を辿ってみたところ・・・ 
ありました! 昨年のGWに博物館で開催されていた、企画展「いただきま~す!-食の生活史と自然誌-」で展示されていた大谷焼の徳利!
a0125598_00323676.jpg
元の形は、こんな感じだったのかなぁ?
a0125598_00325362.jpg

by taibeach | 2015-07-25 00:44 | 海の生き物  

<< 磯場の花は赤い花 梅雨明け 2015 >>