四国の東端で、漂着物を考える

8月9日 日曜日

今朝の徳島県南は晴れ 今日もまた暑くなりそうですが、絶好の浜歩き日和です。

a0125598_22000548.jpg
今日は、徳島県南部総合県民局・保健福祉環境部さんにお声をかけて頂き、四国最東端の蒲生田海岸において、漂着物について学ぶイベント(「海とともに生きる」まちづくり実行委員会、阿南市KITT賞賛推進会議 主催)に、講師として参加させて頂いてきました。
今日参加して下さったのは、地元阿南市の椿小学校、椿泊小学校の児童さん、先生方や保護者、ご兄弟の皆さんの総勢25名。
a0125598_22020599.jpg
海の観察会のI代表より、漂着物に関するレクチャーがあった後は、海岸に出て漂着物を集めて回ります。
a0125598_22062945.jpg
ここ蒲生田海岸は、県内有数のアカウミガメの産卵地であるため、台風11号が過ぎ去った後に浜掃除が行われたらしく、あまり漂着物はありませんでしたが、それでも約半時間の浜掃除で結構な数の漂着物があつまりましたよ。
a0125598_22115081.jpg
拾い集められた漂着物は、浮き、ペットボトル、種、骨、貝、その他などに分類され数をカウント集計されました。
a0125598_22124853.jpg
ここ蒲生田海岸では、阿南市KITT賞賛推進会議の皆様の海岸清掃活動が盛んな所なので、故郷の海が漂着ゴミで汚れていることを、地元の子供たちはよ~く知っています。 
こういった環境イベント、できることなら都会の子供たちにも参加してもらえる機会があればいいんですけどね。

さて、漂着物の勉強が終わった後は、私が担当するビーチクラフトの時間です。
a0125598_22293940.jpg
今日拾ったものはすぐには使えないので、今回は私が事前に拾って洗浄・乾燥しておいた貝殻やウニ殻、ビーチグラスを、ホットボンドを使ってフォトフレームに張り付けてもらうクラフトを作ってもらいます。
a0125598_22304346.jpg
最年少5歳の彼☟も、お兄ちゃんお姉ちゃん達に引けを取らない、華麗なグルーガン捌きで素敵なフォトフレームを完成させましたよ。 いや~ お見事! (★*0v0*)♪+゜
a0125598_22362891.jpg


[PR]

by taibeach | 2015-08-09 23:00 | ビーチ・クラフト  

<< ご教示お願いします。 何鳥の骨? 渚のヒーロー列伝 Part 34 >>