猫の舌はザラザラ!?

去年の秋、高知のこの浜では、グンバイヒルガオの発芽はあちらこちらに見られたのですが、結局冬越し出来たのはこの場所だけだったようです・・・
その代わり、「ハマゴウ」と共に勢力をのばしていたのは、“ネコノシタ”でした。
a0125598_22445618.jpg

夏の太陽が照りつけて、火傷する位に熱くなる砂浜に、長い茎を這わせてドンドン自分の陣地を広げていく・・・海浜植物のしたたかさには、驚かされるばかりです。
a0125598_2245269.jpg

ネコノシタ [別名=ハマグルマ(浜車)] Wedelia prostrata キク科 ハマグルマ属
このネコノシタ、葉っぱを触るとザラザラしていて、まるで猫の舌を触っているようだからと、この和名が付いたそうです。 
小さいけれど、この鮮やかな黄色の元気な花が印象的なネコノシタですが、徳島の海岸ではほとんどというか、見た記憶があまりないと思ったら、四国でも徳島や愛媛では、絶滅危惧種となっているそうです…
したたかな生き残り戦略を持っているような植物でも、やはり環境の変化には勝てないのかもしれませんね。
[PR]

by taibeach | 2009-07-29 23:30 | 高知 東海岸  

<< 南京米? 軍配前線北上中! >>