人気ブログランキング |

生見の実たち

a0125598_1957383.jpg

グンバイヒルガオの花が咲き誇り、まだまだ真夏の様な生見海岸でしたが、一方では実りの秋の足音が近づいていました。
a0125598_209448.jpg

生見海岸の中央、大きな波避け堤防沿いでは、ハマゴウの果実が黒く熟していました。  
このハマゴウの果実を乾燥させたものは、“蔓荊子(まんけいし)”とよばれる生薬として利用されています。
蔓荊子には、鎮痛・解熱作用、消炎作用、滋養強壮作用などがあり、「蔓荊子散』などの漢方薬に配合されるなど、頭痛・関節痛・風邪・滋養強壮に効果があるそうです。

さて、ここ生見海岸の漂着物ですが、夏の間はビーチクリーンが行われていたせいか、あまり面白いものを拾うことができませんでした。
『漂着ウキ』」は、オレンジウキが「1」にブルー紡錘ウキが「3」くらいと、あまり見かけません。
a0125598_211620.jpga0125598_2112192.jpg








a0125598_2115260.jpg
『種子・果実類』は、クルミがほとんどで、後はシナアブラギリ、ハス、ヒシなど近辺を流出起源とするものがほとんどでした。
南方系のものは、ココヤシを3個見つける事が出来ましたよ。

by taibeach | 2009-09-22 21:18 | 植物・花・種子  

<< 暴れ神輿の浜入り その2 暴れ神輿の浜入り その1 >>