大物発見!

今先程テレビで見たのですが、日本テレビの『世界の果て イッテQ 秋の珍獣祭りSP2009』という秋の特番の中で、「さまぁ~ず」の大竹一樹が“米村でんじろう先生”を真似た「たけじろう先生」というのに扮して、おもしろい実験をする・・・というコーナーがありました。
そして今回、秋の自由研究の実験は、「いろんな豆で納豆を作ったらおいしいのか?」という実験をするということでした。
アーモンド、落花生、コーヒー豆などと共に実験に使用するマメに、“世界一大きなマメ”というのをしようするという・・・ これはもしかしたら・・・モ〇マ? と見ていたらロケをするのは、フィリピン!
フィリピンの現地のおじさんに案内され、ジャングルの奥へと進む「たけじろう先生」。
案内人のおじさんの話では、世界一大きなマメの名前は、“エンタダ豆”という名前のマメだという。
「エンタダ」というのは、現地の呼び名なのかな? (モダマ属の学名から?)
そしてついにエンタダ豆を発見! やっぱりモダマのことでした。 やっぱでかいね~!
まだ青いモダマ莢を取り、いろんな豆と共にモダマも使い納豆を作っていきます。
さて、納豆にしたモダマはというと・・・ 食べたたけじろう先生は一言、「まずぃ~」だそうです。


今日は久しぶりに、鹿ノ首の西海岸へ行ってきました。
a0125598_2056524.jpg

お昼前ごろが干潮だったので、潮が満ちていたら行けない所まで、渚を歩いてチェック。
今回はブイが、かなり多く漂着していました。(浮きは少なめ・・・)
そんな渚で見つけましたよ    ↓ ↓ ↓  コレ!
a0125598_21131317.jpg

ココヤシは、今年何個も拾ったけれど、“今年一番の大物”でした。 (^-^)
a0125598_21194688.jpg

他には、ゴバンノアシも見つけましたよ~!
[PR]

by taibeach | 2009-10-04 21:21 | 植物・花・種子  

<< 渚の三角顔 中秋の名月 >>