台風後は、大きな貝

10日の宍喰大手海岸  台風後だというのに漂着物も目立たず、ずいぶんとキレイな渚・・・
a0125598_22541280.jpg

今回の台風は、ここ海陽町宍喰の大手海岸の渚に、漂着物を運んで来なかったけれど、a0125598_2311964.jpg
海の底から大量の砂を押し上げていきました。

渚に積み上げられた大量の砂の山を、元々海に注ぎ込んでいる小川の流れが、少しづつ削っていき、なんだか渓谷の風景のようにも見えます。




a0125598_2313954.jpg
小川の流れは、元はまっすぐに海に注いでいましたが、この日はまるで大蛇が渚を這ったように、大きく蛇行していました。
先日この渚を訪れた時には、満潮線上に大量の貝殻が打ち上げられていて、色とりどりの貝が拾えたのに、今回の台風により積み上げられた砂の下敷きとなってしまい、貝ベルトは全く見られなくなっていました。

a0125598_23304219.jpg
漂着物もない、打ち上げ貝も拾えない・・・ 
今日は完全にお手上げか?と思っていたら、
 おっ! 目の前にカズラガイが~
拾い上げようとすると、螺塔の部分が欠けてしまっている・・・
あ~ぁ、残念でした。

ところが、2,3歩進んだところで、コレ↓見つけました。
a0125598_23415015.jpg

 『ヤクシマダカラ』 (Cypraea arabica)  朝日に照らされて、輝いていました。
[PR]

by taibeach | 2009-10-11 23:50 | 打ち上げ貝  

<< 柿なら、よかったのに・・・ カメ、渚に集結! >>