高知の旅(その2) 入木の浜

漂着の冬をむかえた徳島を後に、漂着物を求めて高知へと旅立った私、お昼前にどこかの渚を歩いておこうと、まず最初の渚に選んだのは、いつもの東洋町の西端の浜から、車で5分くらいの所にある室戸市佐喜浜の『入木の浜』
a0125598_2211362.jpga0125598_2212852.jpg









 〈入木の浜(南側) 少し向こうはと礫浜になる〉   〈入木の浜(北側) 長い砂浜が約2㎞続く〉

ここ入木の浜は、初めて来た時にジオクレア属の豆を拾ったことがあり、いいイメージがある渚なのでちょぴり期待しながら歩きました。
歩き始めてすぐに、こんな小動物?の頭部の骨を見つけました。a0125598_22171545.jpga0125598_22173538.jpg










この頭骨を正面から見ると、何だか映画「エイリアン」の顔みたいでちょっとコワイです。
この日は、この他にも色々な骨が続きました。
a0125598_22271067.jpg
  この骨 ↑ はクジラのものでしょうか? 結構大きな骨でした。 さすが高知ですね!
a0125598_22291899.jpg
 さて、骨の中で私が一番気になったのが、この ↑ 骨です。 見た感じ魚の骨のようですが、なんという魚でしょうか?
頭骨にあるトゲトゲのついた角のようなものが特徴的なので、絞られると思うのですが・・・ 
どなたかご存知の方、ご教示頂けませんでしょうか?
[PR]

by taibeach | 2010-01-06 22:35 | 高知 東海岸  

<< 高知の旅(その3) 入木の浜2 高知の旅(その1) 渚の誘惑 >>