高知の旅(その21) 姉さん事件です!(HOTEL 高嶋政伸風)

今日の徳島県南部、2日続いた冷たい雨もあがり北風も止んだので、気温はそんなに変わらないのに過しやすい一日でした。  

 【 高知の旅 3日目 】
a0125598_21571481.jpg
アシズリノギクを堪能し、すべての目的を果たせた私の旅も、いよいよ復路となります。
足摺岬からは足摺半島の東側、県道27号線を海岸線沿いに渚を探して進みます。
a0125598_22172158.jpga0125598_22175914.jpg








途中の窪津崎には、窪津埼灯台が建っていました。 灯台好きの私は、車を降りてパシャリ! 
この窪津埼灯台は1962年(昭和37)3月に設置、初点灯。 現在の灯塔高は10.8m、標高51m、光度7万5千カンデラ、光達距離は18海里(約33km) の白亜の灯台です。
灯台からは、ずっと向こう足摺半島の根元に、この日の目的地の一つ「大岐の浜」見えています。
窪津埼灯台を見学し窪津漁港を通り過ぎた後は、以布利(いぶり)漁港に寄ってみました。
a0125598_22534883.jpgここ以布利の港には、大阪天保山にある、世界最大級の水族館『海遊館』の付属施設の「大阪海遊館 海洋生物研究所以布利センター」があります。
この施設では、地元の漁業関係の方々と協力し、展示に必要な生き物たちを捕獲し、そしてこの港から海遊館の展示水槽へと輸送されていくそうです。 ジンベイザメやマンタやマンボウなど、海遊館で展示している多く生き物たちのふるさとはここ以布利の海なのだそうですよ!
以布利漁港に着き、地元のおばさんに海岸はないか?と聞いてみたところ、教えてもらった写真 ↑ の海岸。   その海岸に行くのに、車を駐車しようとしていた時、なんとハプニングが発生!!
狭い堤防の上、堤防に釣りに来るの車の邪魔にならぬよう、なるべく端に車を寄せようとしていた まさにその時“ ゴトッ! ”なにやらイヤな音が・・・ 心なしか車が傾いていますゾ・・・
a0125598_23351780.jpg恐る恐る車を降りて見てたところ、わわわ Wa~! なんてこった~い!緊急事態発生ですわ!
助手席側前輪が完全脱輪、車の底があたり、運転席側の後輪も宙に浮いちゃってますよ・・・ 
近くで釣りしていた人も、心配して見にきてくれましたが、2人ではどうにもなりません。
仕方がないので、とりあえず車屋さん? レッカー車? でも、お正月にやってるかな?などと考えながら、地元の人に聞いてみようと漁港の方に歩いて行くと、近くで事の子細を目撃していた漁師のおじさんが、わしが助けを呼んで来てやる!と言って、なんと漁協からフォークリフトを呼んで来てくれたのでした。 運よく通りがかったサーファーのお兄ちゃん達の協力もあり、私の愛車は転落の危機から、なんとか無事に生還できたのでした!
親切な以布利漁港の漁師のおじさん、通りすがりの大阪のサーファーのお兄ちゃん達、その節はありがとうございました! 正月からお騒がせし、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。  

さて、車も生還し今日中に徳島に帰れる目処がついたので、以布利の海岸を少し歩いてみました。
a0125598_0292899.jpga0125598_029487.jpg








海岸には、さすがに高知ですね。 タルダカラやホシダカラなどの、まだ拾ったことがないタカラガイが打ち上がっていましたが、残念ながらどれも大きく割れちゃってます・・・
a0125598_0355898.jpg
結局目ぼしい漂着物もなく、サンゴと沈子、アラヌノメガイを拾い、以布利を後にしました。
[PR]

by taibeach | 2010-02-02 23:05 | 高知県  

<< 高知の旅(その22) 大岐の浜 雨の大手海岸 >>