人気ブログランキング |

2012年 11月 14日 ( 1 )

 

高知ビーチコーミング旅2012 その18

高知ビーチコーミング旅、希少種子のパプアアブラギリを拾って喜ぶ私の前に次に現れたのは、燃やされて炭のように真っ黒くなったブツブツの物体・・・(^^;)
a0125598_19351466.jpg
この物体の正体は、シャカトウ(釈迦頭、別名アテモヤ)。
数年前に、地元徳島県南の渚で拾ったことがあり、これが2個目となります。 
シャカトウは、バンレイシとアテスを人工的にかけ合わせで作られた南米原産の半落葉低木の果実で、このブツブツした果実の形が、お釈迦様の頭に似ているので釈迦頭(シャカトウ)と呼ばれるようになったそうですよ。(^^)
17世紀に、オランダ人により台湾東部の台東県に持ち込まれたのがシャカトウの栽培の始まりで、その後品種改良されて現在のシャカトウになったとか。
a0125598_19354484.jpga0125598_1935548.jpg











徳島の田舎に住んでいたのでは、なかなかフレッシュなシャカトウにお目にかかる機会は(こんな漂着種子くらいしか・・・)はありませんが、一度生のシャカトウを味わってみたいですね。(^^)

by taibeach | 2012-11-14 21:05 | 植物・花・種子